社会保険労務士・行政書士 西條清美事務所-事例:出会い系サイトによる不当請求

宮城県登米市の社会保険労務士・行政書士です。特に女性が抱える悩みの解決を得意としております。
離婚協議書・不倫慰謝料・DV・セクハラ・ストーカー・架空請求・不当請求への内容証明など各種対策
ビジネスマナー研修、学生向け進路講演、就職応援、転職応援、フリーター・ニートの進路相談
お問合せは0225-69-2450もしくはメールでどうぞ。

-SITE MAP-

事例:出会い系サイトによる不当請求

相談内容

「大手プロバイダが提供するコミュニティスペースで知り合った女性と顔写真を交換することになったが、その女性が、ある出会い系サイトを指定してきた。そこに入会しないと携帯でやりとりできないから…とか何とか言い出して、おかしいなとは思いながら入会してメールのやり取りを何度かしたら、数日後に4万円の請求がきた。」

当事務所が提案する対策

対策としては、請求されたからといって払わないのが鉄則です。

ひょっとして…すでに払ってしまいましたか?

なぜ払ってはいけないかというと、この手の業者は一度でも入金した人を「カモ」と見る節があるからです。
つまり。支払は一度では終わりません。次、次、次があります。

それも同一の業者からではなく、グループを組んでいるほかの業者であるとか、同じ業者が姿を変えて請求してくるとか、様々な手を使ってきます。

本当に、よくもこれだけのことを思いつくものだと感心させられます。

感心してる場合じゃありませんでしたね。

もし一度ログインしたとしても、料金の表示が不明確なサイトの場合、ログインしただけでサービス提供契約が成立したとはいえません。

利用者側にどれくらいの料金がかかるかという点につき認識が無ければ、料金という点について合意がないわけですから、契約は成立しないのです。

そのことを念頭に入れて行動しないと、「ひょっとして、自分が悪いんじゃ…」という罪悪感から支払わなくてもいいお金を支払ってしまうことになります。
ですが、そういう業者と一度でも関わってしまったら、それこそ「枯れるまで」吸い取られてしまいますから十分な注意が必要です。

こちらから余計な情報は入れない、連絡はしない。それが大鉄則です。

業者のアクションに対する対処方法の一例を紹介します。

  1. 請求の電話がかかってくる
  2. 「今仕事で忙しい」と言って、即切る。 余計なことは一切しゃべらない。

  3. 請求書が「はがき」や「普通の手紙」で送られてきた
  4. 無視。ただし文書は後々の証拠として保存する。

  5. 請求書が内容証明郵便で送られてきた
  6. この場合は専門家にその文書を見せて相談すべき。この手の文書は証拠が残るため、後に裁判となった場合不利になる事もある。

  7. 裁判所から呼び出しが来た
  8. 一番危険。業者が訴訟を申し立てたということなので、心当たりのあるなしに関わらずこの場合も専門家にその文書を見せて相談すべき。

  9. 業者が直接自宅・会社に来た
  10. (本当に業者が取り立てにやってきたという例はあまり聞かないが…) 万が一、もし、取立てがきたら、迷わず警察を呼んで追い払ってもらう。まともに取り合うと何をされるかわからない。身の安全が最優先。

ただし4.については少々気をつける必要があります。
というのは、裁判所から訴状がやってくる場合は、かならず「特別送達」という方法によるからです。
ですので、「はがきで訴状がやってきた」ですとか「普通の手紙で訴状がやってきた」なんてことは、ありえないのです。
こういった文書の場合は無視していただいても差し支えありません。

また、メールによる請求書についてはメールブロック機能を使って弾き飛ばし、業者の出方を伺う方向で様子を見ます。

万が一、クレジットカードの番号を教えてしまっていたら大変です。
即座にカード会社に連絡し、カードを停めてもらってください。
(24時間営業の紛失窓口があると思います。そちらへ連絡を)

とはいえ、いずれにしても気味が悪いと感じるものばかりですから、こういうケースに遭遇したら一人で悩まずに早くご相談いただくことをお薦めいたします。

→ お問合せ先

S嬢の個人的感想

出会い系に限らず、お友達や恋人を見つけるのにインターネットを利用する方は多いと思います。私も、オンラインのみのお友達が何人もいます。

それにしても、友人や恋人を作りたい、だけど職場や学校の知り合いにはちょっと知られたくない、という人の弱み(?)につけ込んで高額な料金を請求するとは、卑劣極まりない行為です。

皆様も十分にお気をつけください。

Copyright(c)  "社会保険労務士・行政書士 西條清美事務所".  All Rights Reserved.  
E-mail:info@saijoukiyomi-office.jp