社会保険労務士・行政書士 西條清美事務所-事例:付き合っていた相手は既婚。知らないでいたら訴えられた

宮城県登米市の特定社会保険労務士(特定社労士)・行政書士です。特に女性や若年者が抱える悩みの解決支援を得意としております。
離婚協議書・不倫慰謝料・セクハラ・ストーカー・架空請求等への内容証明郵便送付など各種対策、生活設計、年金(社会保険・労災)、あっせん代理(特定社会保険労務士付記済)、労働問題
人事労務コンサルティング、起業支援(電子定款、建設業・飲食店・介護事業等許認可)
電子申請・電子定款完全対応。
お問合せは0225-69-2450もしくはメールでどうぞ。

-SITE MAP-

お問合せは
0225-69-2450
もしくはメールでどうぞ
詳しくは、お問い合わせ先をご確認ください。

事例:付き合っていた相手は既婚。知らないでいたら訴えられた

相談内容

今交際している男性とはスキーをしているときに知り合った。私は普段の仕事が忙しくて異性との出会いがなかなかないこと、その日はストレス解消と思って一人でスキーに出かけていたから、「誘ってる」ように受け取られたんだと思う。その晩に一緒に食事をして、意気投合はしたけど、何もかも許すつもりでいたわけじゃない。しかも相手は「奥さんがいる」って言っていたし。それなのに強引に近づいてきて、「キミを護ってあげたいから」と称して私の収入とか家の財産とかいろいろ聞いてきてすごく怪しい。「ボクは離婚してキミと結婚したい」と言っていたけど一向に離婚する雰囲気もないし、一度はそんなに熱心なら待とうか…と思ったけど、やっぱりこんな人と付き合いたくないと思ってお断りのメールを入れたら、数週間後に奥さんから「慰謝料を払え」と請求が来た。

当事務所が提案する対策

当事務所の事例紹介「不倫相手への慰謝料はどうする?」の繰り返しになるようで恐縮ですが、実は不倫相手が迷惑に思っているにもかかわらず配偶者のほうが迫り続けていた、というケースに近いかとは思います。

通常、当事務所の立場は「配偶者に裏切られた方(つまり、いわゆる「され妻」など、不倫されてしまった側)」の立場にたってお仕事をさせていただくというものであるため、少々言及しづらいところではあります。

まずこのケースでいうご相談者本人(客観的に見ると不倫相手ということになります)は、こういう場合であっても、まず保護されることはないのです。

どんなに誘った既婚者が悪くても、理論上、その配偶者から慰謝料請求を止める方法はありません。

よって、請求された場合、納得がいかないというのであれば迎え撃つしか方法がないのです。

以下のような方法が考えられます。

<誘った相手が結婚していることを隠していた>

これは誘った相手に対し、自分が請求された金額と同額かそれ以上の金額の慰謝料を請求しましょう。結婚しているのを隠して付き合っているのは詐欺罪にはならないにせよ民法上の詐欺であり、損害賠償を請求することができます。

<誘った相手が結婚していることを話してはいたが、離婚する意思がないにも拘らず「離婚するつもりだから」と誘われ、これに応じていた>

このケースが非常に多いケースです。
相手が既婚であることを話し、自分もそれを知っているので、自分にも責任があります。
既婚者であることを知っていながら男女の関係になるということは、相手の不貞行為に加担していることになります。いくら「無理矢理口説かれた」といっても、なかなか言い訳が通用しないのが実情です。

そこで、自分の主張したいことがあるのなら、まずは内容証明郵便を使うのがベストでしょう。
判決文等の公的な書面ではないものの、それ相応の重みのある文章を送りつければ相手に与える心理的圧力はかなりなものになります。

当事務所にて取り扱う場合、以下の内容を盛り込むようアドバイスしています。(これはあくまで基本部分のみです。その方が置かれた状況を把握して、その方に即した内容を作成・アドバイスしています)

  1. まず、不倫したことについては謝罪する
  2. 相手とのいきさつを説明する
  3. 慰謝料減額をお願いする

ただ、慰謝料減額は、相手の好意によります。なので必ず減額してもらえるとは限りません。

内容証明郵便は相手の手元にしっかりと残りますから、くれぐれも脅迫的な物言いにはならないようご注意ください。
足元をすくわれてしまいます。

以後は、相手が既婚者だとわかったら、それ以上関わらないようにするのがベターです。

必要以上に電話したりメールしたりするのも避けるのが無難です。

→ お問合せ先

S嬢の個人的感想

慰謝料って、実は税金がかからないんです。所得ではないので。

それを知ってか知らずか、夫婦でグルになって「旦那は不倫役、女房は慰謝料請求役」ってやってるカップルもいると聞き及びます(!!)
(それが立証できれば詐欺になるんじゃないかと思いますが、立証が難しそう…)

一番いいのは、悪徳商法への初期対処方法と一緒。関わらないことです。

不倫相手とされてしまった方の側も、「離婚してから付き合おうね、と常々言っていた」と言い訳されることがありますが、離婚したのを見届けてからお付き合いするくらいの慎重さがあってもいいのではないでしょうか。

「それでもしつこいの」(大抵、「だから付き合ってあげてるの」と続きます)という場合。

本当にリスクを犯してまで交際するだけのことがあるのか見極められてはいかがでしょう? ちなみに私が言いたいのは地位とか収入とかいう部分を見極めろってことではありません。念のため。

迷惑な相手を追い払う一番の特効薬は、「迷惑だ」と一度意思表示をしたあとは、シカトのようです。これであきらめない場合はストーカー事案に類似していると判断して差し支えありません。次の手を打つべきでしょう。

Copyright(c)  "社会保険労務士・行政書士 西條清美事務所".  All Rights Reserved.  
986-0402  宮城県登米市津山町横山字青木86    TEL:0225-69-2450    FAX:0225-69-2452
Web:http://www.saijoukiyomi-office.jp/    E-mail:info@saijoukiyomi-office.jp