社会保険労務士・行政書士 西條清美事務所-事例:セクハラ野郎に物申す!!!

宮城県登米市の特定社会保険労務士(特定社労士)・行政書士です。特に女性や若年者が抱える悩みの解決支援を得意としております。
離婚協議書・不倫慰謝料・セクハラ・ストーカー・架空請求等への内容証明郵便送付など各種対策、生活設計、年金(社会保険・労災)、あっせん代理(特定社会保険労務士付記済)、労働問題
人事労務コンサルティング、起業支援(電子定款、建設業・飲食店・介護事業等許認可)
電子申請・電子定款完全対応。
お問合せは0225-69-2450もしくはメールでどうぞ。

-SITE MAP-

お問合せは
0225-69-2450
もしくはメールでどうぞ
詳しくは、お問い合わせ先をご確認ください。

事例:セクハラ野郎に物申す!!!

相談内容

「派遣社員として働いているが、現場責任者が2ヶ月くらい前から毎日のように手を握ってくるようになった。最初は、『若い子から元気をもらいたい』というので、断る理由もないし握手くらいなら…と応じてきたが、だんだんエスカレートして、後ろから抱きつかれたり、手にキスをされたりするようになった。相手は50歳台のオジサンだし、気持ち悪いし、付き合うつもりはないからやめさせて欲しい。」

当事務所が提案する対策

まず、身の回りにある証拠を全てかき集めてください。

具体的には、「いつ・何をされたのか」をノートや手帳に書き込んでおきます。「○月△日 12:53頃 手を握られてニヤニヤされる」などと書き込んでおきます。

相手から万が一プレゼントを受け取ったり、手紙をよこされた場合は全て保存します。

そして、私はあなたの行為がイヤなのよと、警告を発してわからせる必要があります。

具体的には、内容証明郵便です。公文書ではありませんが、わりと効き目があります。

なぜこれが効果があるかといいますと…。

  1. 文書で「NO」を突きつけられると、頭から冷や水をぶっ掛けられたように冷静になる
  2. 単なる手紙ではない、郵便局のスタンプがベタベタとついた「いかにも」的な手紙で、こちらの本気度を伝えることができる
  3. 特に専門家が作ったものは、職印入りとなる。よって、「第三者が背後にいるんだぞ」と暗に知らせることが可能。

また、内容証明郵便とまでは行かなくとも、上司の上司に直談判をして話し合いの場を持ってもらうことも有効でしょう。

そのときには、以下のことを具体的かつ冷静に話すことが大事です。
感情的になってはいけません。

  1. 相手(加害者)が自分(被害者)にしてきたこと
  2. そのことで、自分がどれくらいの損害・ダメージを受けているか
  3. 相手のしている行為は許されることではないのでやめるようにと警告
  4. 状況によっては刑事・民事上の責任をとっていただきます(つまり訴えるぞ、ってことです)と警告

大体、セクハラをする男性というのは、嫌がっている女性の心理を理解していません。 無視しているというより、わからないのです。

「触りたいから触る」というだけの理由でセクシャルハラスメントに及んでいる場合が多いのです。

その他、「ここは俺の会社だから」とか「オレの部下なんだから」…まあ、諸々と理由は出てきますが、共通点といえば「自分本位」でしかないのです。

だからこそ、意思表示なのです。

通常、自分の意思というのは他人に100回言わないと受け入れてもらえないと聞きます。ましてや、聞く側に都合の悪い意思表示はなおさら理解してもらいにくいでしょう。それすらも、何も言わずにただ黙っていればなおのこと誰もわかりません。

ただし。

意思表示といっても、方法があります。

この手の事件の場合、女性側が口頭で「いやです」と言っても、男性側は曲解する傾向があります。

つまり、「嫌よ嫌よも好きのうち」とばかり、どうせこれは俺の気を引くための作戦なんだろう…と、あらぬ方向へ解釈することがあるのです。
(第一、言われて素直に反省するような男性は、最初からセクハラなんてしません。多分。)
電話で「やめてくださいね」と言ってもやはり、あまり効果は出ないでしょう。

こうなると、逆にノーの意思表示も効果をなさなくなります。

ですから、出したこと・出した内容を第三者が証明してくれる内容証明郵便を使って、まずはきっぱりと「NO」を突きつけるのです。

また、内容証明郵便にて「私はあなたの行為がイヤなのよ」と意思表示をしておけば、後日万が一のことがあった場合の有力な証拠になります。
※「万が一のこと」…あとで暴行された、あるいは殺害された等、重犯罪のことです

案外、男性は「オレはこの子に惚れている=この子はオレに惚れている」というすり替えをしてしまう方が多いらしく、セクハラオヤジも大抵このすり替えが無意識のうちにできてしまっています。そこへ、堅苦しい文書で「私はあなたの行為に多大なる精神的苦痛を感じています」と書かれると、頭から冷や水をぶっ掛けられたように我に帰ることが多いのです。

この手の事件は放っておくとあなたの精神が病んでしまいます。黙っている必要はありません。勘違い系セクハラ野郎には、一発ガツンと食らわせてやるべきです。苦しみや憎しみを毎日家に持ち帰るくらいなら、やれることはやっておくべきです。是非ご相談ください。

→ お問合せ先

S嬢の個人的感想

ちょっと、男性には耳の痛い表現となってしまったかも…。

ですが、される側からすると、何でこれほどの苦しみを理解できないんだとますます怒り心頭に…状態なのです。

セクハラに遭ってしまう女性の方は、総じて心優しい方が多いです。スキがあるとか言うんじゃなく。
出逢った方にいつも優しく声をかけていらっしゃったり、気配りが上手だったり。

セクハラに及ぶ男性もストーカーと一緒で、本当は淋しい方なのかもしれませんが…

でも、それとこれとは別物です。あなたの人生はあなたのものであって、セクハラ野郎のものではありません。

あなたの優しさにつけ込んで自分の欲望を満たそうとする勘違い系には、それこそ頭から氷水でもぶっ掛けてやるべきですよ…。

Copyright(c)  "社会保険労務士・行政書士 西條清美事務所".  All Rights Reserved.  
E-mail:info@saijoukiyomi-office.jp