社会保険労務士・行政書士 西條清美事務所-事例:ストーカーとの対決

宮城県登米市の特定社会保険労務士(特定社労士)・行政書士です。特に女性や若年者が抱える悩みの解決支援を得意としております。
離婚協議書・不倫慰謝料・セクハラ・ストーカー・架空請求等への内容証明郵便送付など各種対策、生活設計、年金(社会保険・労災)、あっせん代理(特定社会保険労務士付記済)、労働問題
人事労務コンサルティング、起業支援(電子定款、建設業・飲食店・介護事業等許認可)
電子申請・電子定款完全対応。
お問合せは0225-69-2450もしくはメールでどうぞ。

-SITE MAP-

お問合せは
0225-69-2450
もしくはメールでどうぞ
詳しくは、お問い合わせ先をご確認ください。

事例:ストーカーとの対決

相談内容

「5年ごろ前に同級会で会った昔の知り合いから突如言い寄られるようになった。当初は自分の子供をかわいがってくれていたが、ある日突然、『他の男とも遊んでいるんだろう』などと因縁をつけ始め、家の周囲に怪文書をばら撒くようになった。1〜2ヶ月に1回くらいの割合で、忘れた頃に怪文書を撒く。おかげで近所の噂になってしまい、怖くて外に出られなくなってしまった。今ではそのストレスから胃炎を患い、夜も眠れない。」

当事務所が提案する対策

まず、身の回りにある証拠を全てかき集めてください。

無言電話がかかってくるなら、その都度、ノートや手帳に「○月△日 18:53 電話番号非通知 出ると10秒無言のまま切れた」と書き込んでおきます。

動物の死骸を玄関の前に置かれた、などの場合は、その状況をカメラ(できれば携帯電話についてるカメラじゃない、きちんとしたカメラ)で撮影してから処分してください(いつまでも保存しておくわけにもいかないので)。

物を壊された、落書きされたという場合も同様に撮影します。修理した場合は、領収書を必ずもらって、保存してください。

もし、ストーキングが原因で精神的に追い詰められ病院に通っているなら、かかりつけのお医者さんに診断書を書いてもらい、病院からは領収書を必ずもらってきます。

脅しや中傷の手紙、メールなどは全て保存します。ネット上の掲示板に中傷記事が載っていたら即管理人に連絡し、その記事に関連した分だけアクセス履歴などのデータをすべてもらってください。もちろん記事は削除してもらいます。

そしてもし、ストーカーの正体がわかっているのなら、警告を発して止めさせる必要があります。

具体的には、内容証明郵便です。公文書ではありませんが、わりと効き目があります。

なぜこれが効果があるかといいますと…。

  1. 文書で「NO」を突きつけられると、頭から冷や水をぶっ掛けられたように冷静になる
  2. 単なる手紙ではない、郵便局のスタンプがベタベタとついた「いかにも」的な手紙で、こちらの本気度を伝えることができる
  3. 「次にやったら警察が…」と、心理的圧力をかけることができる
  4. 特に専門家が作ったものは、職印入りとなる。よって、「第三者が背後にいるんだぞ」と暗に知らせることが可能。
  5. 「だけど話し合う余地は与えるよ」と匂わすこともできる。そうすると大抵の加害者は乗って来る。

いきなり警察に届け出て刑事事件沙汰にすると、ストーカーから思わぬ恨みを買う可能性があります。

また、桶川ストーカー殺人事件にも代表されるように、警察はすぐに動いてくれません。運悪く理解のない担当者に当たると、「あんたにも非があるんじゃないの」と鼻であしらわれます。
(事実、S嬢が担当した事件でも、管轄の警察署は話を聞こうともしませんでした。結局解決したので結果オーライでしたが)

また、仮に警察が話を聞いてくれたとして、「ストーカー行為を受けて被害を被っている」ことが第三者にもわかる証拠がなければ、警察でももうどうしようもありません。

ですので、まずは証拠集めです。

その第一段階として、「私はあなたの行為がイヤなのよ」という意思表示をしたという証拠を作る必要があります。

その最たるものが、内容証明郵便なのです。

やはり、警察では内容証明郵便も証拠の一つとして採用することがあるようです。

さて、ではその内容証明郵便で、どんな内容の文書を送りつけるべきなのか…?

当事務所にて取り扱う場合、以下の内容を盛り込むようアドバイスしています。

  1. まず、加害者がやっていることを具体的に並べ立てる
  2. その行為がどういうふうに違法なのか指摘する
  3. そのことで自分がどういう被害を被っているのか、具体的に並べ立てる
  4. なのでその行為を一切止めろと警告する
  5. 次に、電話・メール・手紙をとわず、二度と連絡するなと警告する
  6. 自分に近寄るな、とも警告する
  7. 必要に応じて慰謝料や損害賠償を請求する
  8. 次にやったら刑事訴訟も覚悟しろ!と警告して、締める

その他、謝罪の文章を撒きなさい、私の名誉を回復するようにしなさい等々盛り込むこともできます。

さて、内容証明郵便を打ったら、半年ほど様子を見ます。

大体、一度アクションを起こすと、ストーカーは3ヶ月くらい鳴りを潜めることが多いものです。

ですが、それを経過すると、「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」とばかりにストーキングを再開することがあります。それがなければ大成功。
もしストーキングが再発したらもう一度内容証明を打ち、それでも効果がなさそうだったら今まで打った内容証明と、ストーカーが残した証拠を持って警察に行きましょう。

もちろんその間に、ストーカーが直接家に押しかけて家の人に危害を加える…など、自分や周囲の方に危険が迫っている場合は迷わず110番通報です。

いかなる場合でも、身の安全は最優先です。

内容証明を打つ場合に気をつけなければならないことがあります。
それは、ストーカーに対して要求したいことを自分の中ではっきりさせることと、ストーカーの感情を逆なでしないこと。

ストーカーに対して要求したいことを自分の中ではっきりさせないと、結果的に中身のない内容証明郵便となってしまい、郵送料がムダになります。

それだけでなくもっと怖いのは、言葉の揚げ足を取られて形勢が逆転してしまう危険性もはらんでいるということです。内容証明郵便は「いつ・誰に・どんな内容を送ったか」郵便局が証明してくれる便利なシステムですが、証拠が残るということはあなたにとって不利な(不備のある)証拠も残してしまうということです。
特に、脅しとも取れる文章は、絶対に残してはいけません。

また、前述の内容とも関係しますが、ストーカーの感情を逆なでしないというのは鉄則です。

統計的に見ても、ストーカーとなる人というのは社会的な地位があったり、仕事がバリバリできたり、いわば「能力のある人」が多いです。そして、総じてプライドが高い。

そうです、このプライドを下手に傷つけるような対応をすると、火に油を注ぐ結果となってしまうということです。

そうなったらどんな結果を引き起こすか…。ここから先はあまり想像したくないものです。

最悪の結果を招かないためにも、自分ひとりで片付けようとせず、是非とも一度専門家にご相談されることをお薦めいたします。

さて、内容証明を打った場合に、加害者側から話し合いの申し出がある場合、あるいはこちらからの「話し合いに応じるように」との要求に加害者側が応じる場合があります。

これは事件を解決するチャンスですので話し合いに応じるべきですが、注意点としては絶対に一人で出向かないことです。

これも、身の安全最優先ということと関係します。話し合うといっておきながら実はこっそりとナイフを用意していて…ということも、ありえないわけではないからです。

ですので、話し合いの場を設けるのなら必ず第三者を立てるべきです。それもできれば複数。
ただし、話し合いを第三者に丸投げして自分が行かないのはNGです。本人が面と向かって一発ブチかましてやらないと結果が出ません。

また、自分の知らないお店などを指定されたら、場所を替えてもらうようにしましょう。お店を使うのなら、近くに交番や警察署があるところにするくらいの慎重さは必要です。

また、録音装置は必須です。ICレコーダーをおすすめします。それと悟られないようにこっそり仕掛けておきましょう。

話し合いの場であなたが必ず話すべきことがあります。
それは、「私はあなたの行為がイヤなのよ」ということを具体的に、冷静に話すこと。

壁に落書きされて修理に○万円かかったこととか、病院に通うようになって医療費が○万円かかるとか、これまで集めてきた証拠を突きつけます。

ストーカーに、自分が今までどれだけ悪いことをしてきたのかということを、わかるまで説明してください。そして、1回の話し合いで謝罪させるところまで持っていきましょう。

あくまで、具体的に、そして冷静に、です。感情的になったり慌てたりすると、それがストーカーに伝わって効果が半減してしまいます。

この手の事件は、特に「恥ずかしくて誰にも相談できない」部類に入ることでしょう。ですが一人で悩むことほど危険なことはありません。早め早めの対策が結果としてあなたを救います。是非ご相談ください。

→ お問合せ先

S嬢の個人的感想

相手に恐怖を与えるとは、仮に愛情表現とはいえ許せない行為です。

ですが、ストーカーと普通の人は紙一重ではないかと思います。愛が満たされなくて、攻撃を仕掛けてくるときはいつもいっぱいいっぱい。淋しくて淋しくて、本当は無条件に愛が欲しいはずなんです…。

だからこそ、今その人がやっていることは犯罪であり人間として間違っているんだということをわからせるべきです。それも、可能であればあなたご本人が…。

S嬢は、ストーカーを「愛が枯渇してバッキリと折れちゃった一般人」だと思っています。ですので、ストーカー撃退とはいってもRPGに出てくるモンスターを倒すような感覚でのけ者扱いにすれば、思わぬしっぺ返しを食らうことだってあります。その一例が殺人事件です。

ストーカーと対決する場合には、そのことに十分留意する必要があります。

Copyright(c)  "社会保険労務士・行政書士 西條清美事務所".  All Rights Reserved.  
E-mail:info@saijoukiyomi-office.jp